資材配送職の一日

資材配送職の一日

1日のスケジュール

7:00 「出社」
7:30 「倉庫内在庫確認」
「当日の業務内容確認」
「前日詰み込んだ荷物の最終確認」
当日、作業現場に向けて資材を運ぶ事前確認を行うことで、
抜けもれを防ぎ、現場でのスムーズな対応が可能になります。
「現場に向けて出発」
8:30 「現場に到着」
「現場担当者、職長との打ち合わせ」
「搬入に伴う安全注意事項の確認」
「搬入方法の確認」
「資材搬入場所の事前確認」
現場ごとに注意事項や禁止事項などが異なるため、
その場に合わせた柔軟な対応が必要になります。
搬入する前に、現場担当者および、職長と打ち合わせをすることで、
事前に共有事項の確認ができ、作業が安全、かつスムーズに行えます。
10:00 「現場休憩」
現場の休憩は、職人の方々と一緒に取ります。
その目的はコミュニケーションをとること。
私たちの仕事は、一人では出来ません。現場に関わる全ての方と
力を合わせることで、成り立っています。
 「搬入」
 搬入こそ、私たちの腕の見せ所。
現場の環境を考慮しながら、資材を現場まで搬入します。
ただ単に配達するだけではなく、どの資材をどうやって搬入するか。
どうやって配置すれば、職人の方々がスムーズに使えるか。
様々な視点から考え、最善の方法で搬入を進めます。
時には職人さんからアドバイスをもらわないと難しい場面もあります。
12:00 「昼休憩」
13:00 「片付け」
搬入後に不要になった資材、搬入に使った機材など、
使わなくなったものを片付けて現場での作用は完了になります。
職長さんや現場担当者への報告も忘れずに。
15:00 「帰社」
「翌日の業務内容確認」
「資材の積み込み」
「伝票確認」
「倉庫内在庫確認」
翌日の業務を確認し、配送する資材を全て積み込みます。
前日に準備しておくことで、当日の朝、バタバタせずに確認するだけで出発ができます。
17:00 「退社」

 

これだけは覚悟してほしい!

経験、未経験は問いませんが、
これだけは覚悟しておいて欲しい!


●時間厳守
現場が動き出すのは、午前8時。その時間までに現場に到着しなければなりません。また、スケジュール通り施工を進めるため、時間内に資材を搬入しなければなりません。時間を厳守することが、私たちの信頼につながり、やりがいにも繋がっています。

●材料を持って行くだけが仕事ではありません
私たちは、資材を搬入するのが仕事です。しかし、ただ単に搬入するのではなく、現場での状況を見ながら、創意工夫を凝らし安全第一で作業をしなければなりません。また、現場での突然のトラブルにも柔軟に対応できるように、常に可能性を見つけて欲しいと思っています。

●力を使うチームワークです
一人では何もできません。私たちも含め、現場の職人さんなど、様々な人が協力し合うことで建物は完成します。効率的に配送することも必要ですが、力仕事が必要なこともあります。

次ページ『資材配送職の特徴』